collepic.jp

Collepic.jp はウェブサイトを変更し、現在 collepic.net になっています。

PCクラシックゲーム

パソコン内でできるミニゲームとして王道となったソリティア、マインスイーパ、上海の3つについて解説します。

ソリティア

もともとは一人用のゲーム全般を指していた名前でしたが、現在では特定のカードゲーム「クロンダイク」を指す語として定着しています。

トランプを使ったゲームで、まず7列にカードを裏返しに並べた場札と、残りのカードを一つにまとめた山札、4組分の空きスペースを作ります。

場札の各列先頭の1枚を表にし、カードの数字が大きくなる順に赤と黒の数字が交互に重なるよう、表向きのカードの中から任意のカードを移動させます。適宜山札を引くことができます。また、エース(1)から最後のキング(13)まで、空いた4つのスペースに移します。最終的には4種類の模様のカードの山が完成します。

マインスイーパ

長方形のフィールドを構成している正方形のマスを1つずつクリックして開けていきます。マスにはランダムに地雷が埋まっており、隣接する8マスで地雷がある場合その個数が表示されます。地雷を開けてしまうとゲームオーバーになります。地雷のないマスをすべて開けるとクリアです。

上海

上海は英語圏では「マージャンパイゲーム」とも呼ばれます。積み上がった麻雀牌の山から、ルールに沿って牌を取り除いていきます。

最初は花牌4枚(梅、蘭、菊、竹)、季節牌4枚(春、夏、秋、冬)を含む計144枚の麻雀牌が積み上げられています。その中から同じ牌を2枚選べば、その牌を取り除けます。神経衰弱に似ているかもしれませんね。ただし、左右両方に碑が隣接していたり、上に牌が乗っていると選べません。全てを取り除いたらクリアです。