新しい家具を買おう!

気分爽快、家具の新調

日常生活を送っていると絶対に利用することになる空間というものが出てきます。電車内やオフィス、場所は違うけどお手洗い、いつも利用しているファーストフード店、そして自分が寝起きをするための居住空間、いわゆる自分の部屋というものです。公共の場はともかくとして、自分が長いこと仕事ないし私生活を共にすることになる環境になればなるほど、自分が快適に過ごすために工夫している人も多いことでしょう。職場ということになれば、職種にもよりますが自分がいつも気に入っているクッションや文房具、もしくはひざ掛けなど仕事中でも緊張をほぐすために私物を少し持ち込んで自分のスペースとして利用している人も多いことでしょう。これは特にデスク作業を主にしている人が多いかもしれません。中には職場から提供されているロッカー内がもはや自分色に染められているという場合もあります、とは言っても職場ですから自分の意見でデスクなどが変更できるものでもありません。何かしら身体的な不備などが出た場合には、直訴私大で改善されることも可能でしょうが可能性は薄いと考えて良いでしょう。それでも自分なりに自分が仕事をするうえでモチベーションを保ちつつも仕事をするための場所、というスペースを形成するための努力をしているはずです。仕事と言っても自分が結局作業するための机なわけですから、自分が一番作業しやすい形に整えることが最善なことです。限度はありますが、自分が出来る範囲でのリメイクは施しても良いでしょう。

個性的な自分空間の形成を実行したい、そう考えているとしたらその色を最大限引き出す環境というなら、自室でしょう。マンションでひとり暮らしをしている人であれば借りている部屋丸々一つをオリジナリティ溢れる空間に作りかえることが出来ます。作り変えるといっても、壁を壊したりといった大掛かりな工事は出来ないのでそこは留意してください。自分の生活スタイルをそのままそっくり表現するとしたら自室などを自分が日常生活を送っていくうえで作るのが当然のことです。部屋というものは何もないのが当然です、始めから家具などが用意されている部屋の場合、なんていう例はほとんどありえませんので置いておくとしましょう。引越しで新しく新生活をはじめたいと考えている人は新しく自分の城とするべき場所、もしくはいますんでいる部屋を以前とは違う家具の配置にリメイクしたい、と考えている人もいるでしょう。そういうことを考えるとき、決まって共通していることは家具の配置はもちろんのこと、その家具を配置を決めるうえで重要となってくるどのような家具をセレクトするのかということではないでしょうか。

シンプルに部屋のイメージだけで選択するというのも手かもしれませんが、それでは味気ないと考えている人もいるでしょう。部屋一面をピンクないし、原色で統一した個性的な部屋、もしくは植物などが溢れかえっているグリーンで自然見溢れる生活を理想としている人もいるかとおもいます。植物を部屋一面に置くと、意外に人間に悪影響を及ぼすということも聞きますが、それを見越してレイアウトを考えているとしておきましょう。とにかく、部屋のインテリアを考えたときに必ず悩むことになる問題というのは『家具』ではないでしょうか?家具といっても様々ですが、引っ越すときにはなお悩みがちになるといってもいいですよね。

模様替えという難問

引っ越した後、これで良いと思っていても生活をしていくにつれて部屋のインテリアに飽きてきた、と感じる人も要ると思います。引っ越さなくてもそろそろ使いすぎて買い換え時を迎えた家具を新調したい、でもそうなると家具の配置もついでに変えてしまおうと考えられる典型的な行動ではないでしょうか。模様替えといっても、初めから大まかにこんな部屋にしたいと想像がついていればいいですが、中々形にできなくても困っている人もいるのではないでしょうか。長い人生を生きていくうえで人間にとっての最大の敵ともいえる飽きるというのを経験している人も少なくないでしょう。しょうがないといえばしょうがないですが、どうしても長年付き合っているとマンネリ化してしまうという熟年恋人関係のようにドロドロとした熟成されたものよりも、人は新鮮で生き生きとしたものに惹かれがちになります。

また、暗くいやなことがあったら軽く模様替えをしてリフレッシュしたい、そう考えて一念発起して部屋を大体的に改造する人もいるでしょう。改造といっても家財道具を破壊して全く新しいものを作り出す斬新過ぎる行動に出る人はいないでしょう、そんなことをしている暇はないと家具に関して個人的にこだわりをもって選びに選んだ商品を購入する、これが現実的な行動でしょう。

日常生活を送っていくに際して、普段から使っているものが増えていくのは自然の通りです。そうなると必然的に物を収納するための空間も増やすか古いものを捨てるか、どちらかをしなくてはならないでしょう。よくあるのは古いものを一斉に処分して新しいものと交換して新生活に励む、これが一般的な行動原理ではないでしょうか、さすがに何もかも新調するというのは金銭的にも時間的にも圧倒的に足りなくなるものです。そうなると出来る範囲で出来るところまでするというのが、模様替えのジレンマであるといえるのではないでしょうか?

家具を買うなら通販?

そこで今回はそんな模様替えをする予定にあるんだけどこのままだったら手持ちの家具では収納が足りない、もしくは引越しで新しく新調したいと考えている人のためにお勧めする家具通販ショップをご紹介したいと思います。通販かよ、と思いますが家具の通販サイトというのも近年増えつつあります。もちろん近場に良いところがあればそちらで見当する分に越した事はありませんが、全員が全員近場のショップで求めている家具が存在しているとも限らないですから、悩ましいところです。そういうときこそ、インターネットを行なえる環境であれば実用していかなければもったいないでしょう。

確かに通販というものは、欲しい商品をあれば所定の手続きを行なえば注文できる、という利点があります。しかし反対に、手にとって見なければ分からないような商品に関してはネットで提供されている情報でしか憶測を図れません。手に取ったらどんな感触なのか、大きさはどの程度のものなのか、自分が想像していた商品なのか、というのは実際に商品が届いてからでないとわからないことがあります。そのため、中には通販にそういった欠点を理解していないで利用して大失敗してしまう、なんてことを経験したことがあるのではないでしょうか。こういうところがネットにしても葉書などにしても、通販の怖いところではないでしょうか?特に服に関してはそういう危険性が常にリスクが付きまとっていますから、中々利用しづらいところがあります。

ですが、家具に関してはそこまで心配する必要もないかと思います。肌触りやデザインといったものに関しては多少なりとも想像と誤差が生じたとしても、それはそういうリスクを承知したうえで購入したと納得するしかないですが、逆に大きさなどに関しては事前に採寸を図っておけば大きさの問題というのはほとんど解消できるでしょう。

家具を購入するときに一番気にする点といえば、それは購入しようと考えている家具の大きさと自分の部屋においてあるほかの家具との調整が付くかどうかということでしょう。これに関してはほとんど心配する必要もないと思いますが、そうとは言い切れないでしょう。中々ない稀なケースではあると思いますが、大きさは関係なくデザインだけで家具を買うという例はほとんどない、といって良いでしょう。服などに関しては大きさが違っていればそのまま所定の手続きで返品や交換はききます、もちろん家具の通販にも返品などはある程度通じますが問題はそこではありません。家具の場合、返品や交換をしようとしたら手続きこそ所定の方法で取りますが、その商品回収までによる日まで家具を部屋の中においておかなければなりません。小さいものなら良いですが、棚などの大きい家具に関しては自分の部屋で利用しないと判断したものがおいてあるだけで邪魔に感じます。心理的な問題で、なおかつ自分が頼んだのが悪いということになりますが、人間我侭なものでそういうものでも自分が使わないものであるなら邪魔なものは邪魔なのです。例え1日、2日だけだったとしてもその期間障害物を部屋の中においておくことになるというのは億劫に感じるものです。

事前にそういった事態を防ぐ意味でも、家具などの採寸に関してはきちんと計測しておく必要があるということです。単純にこのデザインが気に入ったからかいましょうと即買いしても、自室との天井とのバランスなどが合わなかったらそれまでです。新品の家具を捨てるなんて問題外ですが、こんな問題が存在しないと言えないのが現実ですから怖いところです。

ですが採寸も図って、部屋全体の間取りなども計算のうちに考慮しておけば家具の通販というのも便利なものはないでしょう。届いてから組み立てるということを含めても、するべきことをしておけば一々店舗の方に足を運ぶ必要もなく商品を購入できるようになったのですから、良い時代になりましたね。外出して実際にショップの方に足を運んで見るにしても、必ず営業時間がまだあるときに来店できるとは限らないですし、それにそこの店舗に自分が求めている商品の在庫があるとは限りませんから、そういったことを考えてもいつでも気軽に見れて、商品の内容もどちらかといえば充実なネットで家具を購入することを考えたほうが、今の時代は生きやすいのかもしれません。

通販で買うならまとめ買い

私たちが得をするかどうか、ということを念頭において通販を利用するのを考えたときにはやはり商品を配送してもらうための『配送料』が一番気になるところではないでしょうか。某アメリカ生まれの通販最大手では、そこの店舗で販売しているのであれば所定の会員登録を済ませているのであれば、指定されている商品なら全て送料無料と歌っていますが、基本的にかぐなどを買うための通販サイトでそんなおいしい話は転がっていません。配送料無料なんていうのはよく聞く話ではありませんが、必ず一定額の買い物をしているうえでという条件が課せられます。その条件を考えて通販を利用するとしたらなお上手に買い物できていると考えて良いのではないでしょうか。特に家具といったかさばる商品を買うのであれば、やはりそういったまとめて購入したほうが断然お得です。そうではないものを購入するのが特ではないのか、というのをいいたいわけではなくあくまで必要経費を最小限に留める方法として提案しているのです。

商品を買いに行くにしても、車があれば問題ないですが、さすがに全ての人が車を所持しているということはないのでどうしても電車などを利用することになります。特に家具関係にしたらバイク等でもてる分なら持って行くことも可能でしょうが、衣裳ケースといったものに関してはバイクではきついですし、電車か車のどちらかを利用しなくてはいけません。どちらが便利かといえば車ですが、日本国民全員が車を運転しても良いなんてことは不可能に近い事象です。電車を利用するにしても、さすがに大きな荷物を自宅まで持って買えるとなったらそれなりに疲れます。店舗から配送すれば良いじゃん、と考えてもそこまでに掛かる交通費を考慮に入れるとどうでしょうか?大したことない、そう感じる人もいるかと思いますが、それさえも惜しんでいる人だっているんです。

そうなってくると、やはりいつでも何処でも来店することの出来るネットストア、通販というのは魅力的なところでしょう。そしてまとめて特定の金額まで購入すれば配送料が無料というのですから、なおいうこと無しです。ただこの配送料無料というサービスを特定の条件で可能にするサービスを実施しているところもあります。私が知っているので、雨が降っていればその日は配送料無料という店舗独自のサービスを実施しているなんてお得感ある営業をしているところもありますから、そういった店舗があったら交通費を惜しんで買いにいく理由も出来るものです。

その辺のニーズという問題に関しては個人の利用頻度にもよりけりですが、やはり自分がどういう買い物をすれば一番理にかなっていると思えるのかということを考えて行動するべきである、ということを言いたいわけであります。

では次からは、本題の筆者が個人的にお勧めしている家具通販サイトのご紹介を始めて行きたいと思います。